100%天然由来の洗顔って?せっけんならOKでフォームならだめなの?

普段は毎日使っている洗顔料ですが、この選び方ひとつで-5才肌にもなりますし、+10歳肌を作る事にもなります。

ではマイナス5歳肌を作るための洗顔料を探していきましょう。

スポンサーリンク

洗顔料といえばどのような種類があるのでしょうか?

フォームタイプ・石鹸タイプの2つに分類されます。

フォームタイプの洗顔料

クリーム状になっていて水分が含まれているので、泡立ち易く幅広い年齢層の人に使われています。しかしフォームタイプの洗顔料は、合成界面活性剤を使用していることが多く洗浄力が強力です。

強力な洗浄力のために肌に必要な皮脂が多く奪われ、肌表面が荒れやすくなってしまいます。

しかしながらこの強い洗浄力があるのに、洗い上がりが潤っていると感じられるのは何故かと言うと、保湿成分もより以上に含まれています。それでしっとりしているを感じるのです。

合成界面活性剤を使い保湿成分(セラミド)を協力に洗い落とし、その上から保湿成分で肌をカバーしているという状態です。洗顔フォームは主に「中性」「弱酸性」のものがほとんどです。

いろいろな方が「肌を怠けさせないようにしている。」と言われています。これはどういう事かと言うと、肌は自分自身で回復するような力を持っているので、わざわざ過保護なスキンケアをすると、肌は「自分が頑張らなくても大丈夫だ」と勘違いして、正常な機能を果たさなくなってしまいます。

100%天然由来といえば、やはり自然というイメージがあります。

自然といえば、肌への負担が少ないという感じがします。
スキンケアからファンデーションまで今は100%天然由来という言葉がたくさん使われていますが、本当に100%と言うのは疑問が残ることもあるようです。

しかし、洗顔フォームに関しては天然由来100%であっても、その中に合成界面活性剤が使われていると、肌にはよくない洗顔フォームとなってしまいます。

石鹸タイプの洗顔料

お肌のタイプにかかわらず洗顔石鹸は使用可能です。

洗顔石鹸を使って洗顔する場合は、

  • 皮脂を残す。
  • 肌を怠けさせない。
  • 洗顔後のお手入れの効果を加速させる。

とこの3つです

洗顔石鹸には、合成界面活性剤が組まれていません。

もともと肌は弱酸性です。

しかし石鹸はアルカリ性のために、洗顔した直後はアルカリ性になりますが、洗い流したあとは自然に肌は弱酸性に戻っていきます。これが肌を怠けさせないと言うことです。

ここ数年弱酸性の洗顔料が多くなってきていますが、そのようなものばかりを使用していると肌本来の力を使わなくなってしまい、肌の活力が失われていくことになります。

できるだけ洗顔石鹸のアルカリ性を使うこともおすすめします。

洗顔後のお手入れの交換を加速させるというのは、洗顔石鹸には保湿成分とかがなく、洗顔後の肌の上に余計なものが全然残っておりません。ですからその後のお手入れの効果をより加速させるのです。

洗顔をする場合は洗顔石鹸で合成界面活性剤が入っていない洗顔石鹸を使用することをおすすめします。

【スポンサーリンク】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

100%天然由来の洗顔って?せっけんならOKでフォームならだめなの?
この記事をお届けした
年齢肌でも安心して使える洗顔石けん完全ガイドの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!