洗顔中に顔がヒリヒリして痛い!しみない洗顔はコレです。

肌トラブル時の洗顔方法

いつも使っている洗顔なのに、どうしてこんなにヒリヒリして、痛いの?

 

こんな経験したことはありませんか?

 

化粧水や美容液を付けたら、ピリピリとすごく痛くって、すぐに洗い流したことってありませんか?

 

なぜ?どうして?

もしかしてバリヤ機能が弱くなっているのかもしれません。

 

この記事は洗顔時に肌の刺激を感じる人のために、刺激の原因と肌の状態を改善する方法を紹介しています。

この記事を読み、実践すると肌の状態が改善されていきます。

洗顔時に肌に痛みやヒリヒリを感じるとメイクするのも躊躇してしまいます。外出するのもおっくうになります。

そのような状態亜kら早く抜け出すようにしてみませんか?

 

スポンサーリンク

洗顔中に顔がヒリヒリ痛いのは、バリヤ機能が低下しているから。

それは、肌のバリヤ機能が低下しているからです。

 

写真からもわかるように、私たちの肌には1次バリヤと2次バリヤがあります。

肌がヒリヒリ痛く感じるときはこの肌バリヤが剥がれている可能性があります。

 

正常な状態の角質層は、イラストのように細胞間脂質と皮脂膜のベールで被われています。このベールがきちんと働いていると、アレルギーや刺激からきちんと肌を守ってくれます。

しかし、洗顔時に顔がヒリヒリする場合は、肌のバリヤ機能が削られてしまい、洗顔時の石けんの成分などがしみていると考えられます。

バリヤが壊れてしまえば、そこから紫外線なその影響を直接うけてしまい、水分が蒸発して、肌がどんどん乾燥するようになってしまいます。

 

バリヤ機能が低下する原因

ターンオーバーが乱れるから、バリヤ機能が低下します。

自分自身が原因を作っている場合

良かれと思ったスキンケアが刺激の原因となっていたり、ピーリングのしすぎなど、自分の肌に直接的な刺激を与えていることがあります。これらが肌表面のバリヤ機能を損なっている原因となっています。

肌に合わないスキンケアも、肌トラブルになりますので化粧品選びは慎重に行いましょう。

 

自然環境が原因の場合

紫外線など自然環境が肌への刺激の原因となっていることがあります。紫外線対策や木枯らし対策などを徹底して行い肌のバリヤ機能を保つように努めましょう。

 

以上の2つのことが原因となりターンオーバーの周期が乱れて、バリヤ機能が低下して肌に刺激を感じるようになります。

 

ターンオーバーの周期の乱れ

ターンオーバーは誰にでも起こる現象のひとつですが、加齢に伴いターンオーバーの周期は長くなるといわれています。

 

20歳のころは28日がターンオーバーの周期ですが、

30歳・・・45日

40歳・・・60日 

50歳・・・75日 

60歳・・・90日

と、年齢とともにターンオーバーの周期は長くなっていきます。

しかし、年齢に関係なくターンオーバーの周期が早くなったり遅くなったりすることがあるのです。

 

ターンオーバーが遅くなると、

要らなくなった角質が肌から剥がれ落ちずに、肌の表面にとどまっている状態のこと。

肌の透明感が失われ、スキンケアの美容成分が肌に浸透しにくくなり、

肌がゴワゴワガザガザになり毛穴のつまりも起こり易く、メラニン色素が色素沈着しやすくなりますので、余計に老けて見られるようになります。

 

ターンオーバーが早くなると、

完成していない未熟な細胞が肌表面に出てきます。

完成されていない細胞なのでバリヤ機能も不十分のままです。

紫外線やスキンケアなどの刺激に対応できないくらいの細胞で、肌を守ることができない状態です。

 

私たちの体は、自然と元に戻す力が働いています。それは、肌も同じです。

未熟な肌とわかっているので、それをカバーするために皮脂を沢山分泌して肌を守ろうとします。過剰な皮脂の分泌のために、肌表面はテカテカベタベタになるので、洗浄力の高い洗顔料を使い余計に皮脂をとってしまう負のスパイラルに突入するのです。

ターンオーバーを改善するには?

遅いターンオーバーの改善

ターンオーバーが遅い肌は、角質が肥大している可能性が高いです。

古い角質を取り除くためにピーリングアがおすすめです。

肌に優しい塗って洗い流すタイプのピーリングがおすすめです。

エトヴォス-セラミディアル-スキンピールジェル

洗い流しタイプのピーリングジェル。
古い角質を除去する作用のあるAHAを8%と、エステ並に高配合。
くすみ(不要な角質や汚れ)のないつるりとしたたまご肌へみちびきます。
マイルドな使い心地で古い角質を取り除き、お肌のターンオーバーを整えます。

シリコン、石油系界面活性剤、鉱物油、パラベン、キレート剤、合成香料、合成着色料は不使用。

スキンピールジェルがセットになったトライアルセットがあります。

 

エステ級の本格ピーリングスキンピールジェルお試しセットスキンピールジェルお試しセット

 

 

 

早いターンオーバーの改善

肌に充分な水分を与えること=保湿対策をしっかりすることで解決できます。

ターンオーバーが早い肌は、肌表面のバリヤ機能の弱い肌を早く取り除かなくちゃと思って、成熟していない未熟な肌でも仕方ないので、肌表面に押し出しているのです。

 

肌の水分量が上がるスキンケアを心がけましょう。

 

肌にはもともと保湿成分をつくり、角質層内に水分を蓄えておく力が備わっています。 それは3つで成り立っています。

  1. 「天然保湿因子(NMF)」
  2. 「細胞間脂質」
  3. 「皮脂膜」

この3つはそれぞれ角質層の中での役割が異なるため、どれも欠かすことが出来ません。

角質細胞内にある「天然保湿因子(NMF)」

その約半分はアミノ酸で出来ています。天然保湿因子は、角質層の中で水分を含み、保持する役割があり、アミノ酸は肌の”うるおいの素”になる大切な成分です。

 

細胞間脂質

角質層の中の角質一つ一つをつないでいるのが細胞間脂質です。細胞間脂質にはセラミドやコレステロール、遊離脂肪酸といった成分が含まれています。
この細胞間脂質は肌の中の水分を留める役割があり、天然保湿因子を安定させるためにも必要な成分です。

皮脂膜

肌の表面の膜となり、水分の蒸散を防ぎます。

 

細胞間脂質の約40%を占めるセラミドや、肌がもともと持つ天然保湿因子「NMF」の半分以上の成分であるアミノ酸配合のスキンケアを使うようにして肌の保湿能力を上げるようにしましょう。

 

顔に負担を与えない洗顔をしていますか?

洗顔の時に顔が痛くなるほどしみる人は、次にあげるようなことをしていませんか?

  • 洗顔にお湯を使うことがある
  • ゴシゴシこする
  • オイルクレンジング剤を使う
  • 1日に2回以上の洗顔をする
  • 朝の洗顔にも洗顔料を使っている
  • シャワーを直接顔にあてることがある

このようなことをしていれば、肌の表面の角質層が壊れていき、バリヤ機能が弱まっていきます。

 

 

ちょっとぬるいかも?というくらいのぬるま湯で洗顔する。

ミルククレンジングに変える。

朝の洗顔の時は洗顔料を使わない。

シャワーを直接当てずに、洗面器にぬるま湯をはり、両手ですくって洗顔料をやさしくながす。

というように変えて下さい。肌への刺激を感じることが少なくなります。

 

 

洗顔料を顔の上に載せる時間が長いと肌が乾燥する?泡パックはダメ!
私たちは、必ず朝起きて洗顔をし、夜にはまた洗顔をしています。 肌はお化粧をしなくってもほこりや汗などで汚れています。そのために朝起きてすぐに洗顔をして汚れを落とすのです。 でも年齢肌の人や乾燥肌の人が間違った方法で洗顔をしていると、余計...

 

 

バリヤ機能を正常に近づけるスキンケア

使い続けることで弱まっているバリヤ機能を正常に戻すことができるスキンケアをご存知ですか?

それが、サッポーのスキンケアです。

 

 

乾燥肌です。洗顔石けんのおすすめを教えて下さい。
年齢肌で乾燥肌の方も多いと思います。 乾燥肌の方たちは、洗顔の時に注意が必要です。 と言うのも、肌が乾燥する主な原因が洗顔にあります。 洗顔のやり方1つで、健康な肌へとなることは可能なのです。 乾燥肌の方に使ってみてほしい洗顔石鹸の...

 

サッポーが凄いところは、トライアルセットを使った肌の感じをアンケートとして答えるとあなたにピッタリのお手入れ方法がメールや郵便で送られてくるのです。

トライアルセットを購入した方には絶対にきちんとした効果を実感してほしいので、このような方法をとっているのです。

トライアルセットは、約1か月使えます。

商品の売り込みもなく、とっても気持ちよく肌を自分のベストな状態へと変えてくれます。

一度は使ってみてほしいトライアルセットです。

 

まとめ

洗顔中に顔に刺激を感じるときは、しばらく洗顔料を使うのをやめましょう。

バリヤ機能が弱まっているときは、サッポーのスキンケアモニターセットがお勧めです。

 

肌への刺激がなく、肌をベストな状態へ導いてくれます。

 

年齢を重ねても美しい肌でいるために、肌の健康にも注意が必要です。

 

 

 

テキストのコピーはできません。