洗顔石けんを使った正しい洗顔方法をご存じですか?

string(14) "attribute >>>>" array(0) { }

あなたはどんな洗顔をしていますか?

どんな洗顔と言われても、洗顔って当たり前すぎて正しい洗顔の方法って考えてもみませんでした。

「スキンケアの基本は洗顔です。」と言われると納得できます。

だって、肌の汚れを落としてから、肌に必要な美容成分を浸透されるようにしていますから・・・。

私たちは、最低でも一日2回洗顔をしています。

正しい洗顔方法を覚えれば、肌の状態も良くなり、しわやシミが薄くなっていくのではないかと思って、正しい洗顔の方法を調べてみました。

スポンサーリンク

間違った洗顔をしていると大切なものが失われます。

洗顔の目的は、 酸化した皮脂やメイクなどの汚れを落とすことです。

必要な皮脂や、肌のうるおいを保つ角質層のセラミド(細胞間脂質)などや天然保湿成分まで洗い流してしまうような洗顔をしている人が多いです。

酸化した皮脂は肌への負担になってしまいますが、必要な皮脂・細胞間脂質・天然保湿成分は肌を乾燥やアレルギー物質から守る大切なバリアとなって働いてくれます。

間違った洗顔がもたらす大変な事。

いつもの洗顔で大切な保湿成分を洗い流したとします。「でも化粧水や乳液で保湿してます。」という方もいらっしゃると思います。

台所で食器を洗う時のことを考えてみてください。

私は冬場はお湯で食器をあらいます。その時は、ゴム手袋を使っています。なぜゴム手袋をつかうかというと、素手でお湯を使うと食器洗いを終えた後、手がすごく乾燥してしまします。

夏場は水を使って素手で洗ってい手も手の乾燥は全く感じません。

お湯は手の皮脂を洗い流しているのです。

これは顔も同じことが言えます。

間違った洗顔をしていると大切な皮脂や天然の保湿成分まで洗い流してしまいます。

天然の皮脂や保湿成分を洗い流した後は、肌が自然と回復するまでは一晩から数日かかります。

その間を化粧水や乳液で補っても、肌の機能が低下していますので紫外線や乾燥・アレルギー物質などに弱い状態となっています。

正しい洗顔方法を身につけて、肌の自浄作用を活発化させましょう。

大切な皮脂を守りいらない汚れや古い角質のみを落とす。このような正しい洗顔方法を守っていけば、乾燥や敏感肌で悩んでいる方や、ニキビ、自分に合う化粧品がないと思ってらっしゃる方などはトラブルが解消されることもあります。

スポンサーリンク

正しい洗顔の方法

「こすりすぎない」ことを忘れずに洗顔をするようにしましょう。

こすり過ぎると摩擦が起きて敏感肌やシミの原因になります。

こすり過ぎないことを意識して洗顔するようにしましょう。

1.手洗い

洗顔をする手をキレイにします。

2.ぬるま湯で顔を洗う。

この時は、ただ顔を塗らすくらいの感覚で大丈夫です。

ぬるま湯を使うことで毛穴を開かせ、汚れを落としやすくします。

ぬるま湯というのは体温より少し低い32度~35度位がお勧めです。

顔を濡らしておかないと、摩擦が起きやすくなります。

3.洗顔料を良く泡立てる。

泡立てネットを使うと、簡単にキメの細かい泡を作る事ができます。

泡立てることにより、肌と指の間にクッションが出来、摩擦を軽くします。

また、しっかり泡立てを行った泡は泡切れが良く、すすぎやすいのも特徴です。

4.優しく洗顔する。

Tゾーンから洗います。

皮脂が多い部分から洗い始めます。

額→こめかみ→鼻

特に小鼻の周りはくろずみがちですので、くるくると指で鼻をマッサージするように洗います。

頬→目や口などの皮膚が薄い部分

口や目など皮膚が薄い部分は泡を乗せるだけで十分です。

5.ぬるま湯で洗い流す。

髪の生え際、こめかみは、洗顔料が残りやすい部分なので、注意して洗い流すこと。

流すときも、手で顔をこすらないように洗い流す。顔にぬるま湯を付ける感覚で、

流しのこしが内容にしましょう。

6.タオルで水分を取る。

ゴシゴシと顔をこすらずに、タオルを顔に当てて水分を吸収するようにします。

指よりも摩擦が起きやすいので、こすらないように注意が必要です。

7.洗顔後はすぐ保湿する。

洗顔後は、鼻から水分が蒸発するときに角質層の水分が失われて乾燥の度合いが激しくなります。

洗顔後3分以内に十分な保湿をするように注意しましょう。

肌タイプ別の洗顔方法

脂肌の方は皮脂の多い部分を余計に洗いたくなりますが、皮脂の多い部分に余計な刺激を与えてしまうと肌トラブルを引き起こす原因になります。

皮脂をとりすぎると、肌が余計に乾燥しやすくなり、外の刺激から肌を守るために角層があつくなり、

ニキビや毛穴が目立つようになります。

乾燥がひどいときの洗顔は、洗顔石鹸や洗顔料を使う場合は夜1回のみ使うようにしましょう。

翌朝は、ぬるま湯で余計な皮脂と汚れを落とすだけにしましょう。

夜に肌のバリア機能が回復しますので、せっかく回復したバリア機能を朝の洗顔で洗い流さないように注意しましょう。 

まとめ 

肌に大切な皮脂を洗い流さないようにして、バリヤ機能を正常にすることが健康な肌への第一歩です。洗顔せっけんの選び方も健康な肌を維持するためには必要ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

洗顔石けんを使った正しい洗顔方法をご存じですか?
この記事をお届けした
年齢肌でも安心して使える洗顔石けん完全ガイドの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!