無添加でおすすめの固形石鹸はありますか?

あなたは今何のせっけんを探してらっしゃいますか?

洗顔石鹸でしょうか?それとも体を洗う石鹸でしょうか?石鹸で髪を洗おうとお考えですか?

石鹸探しの目的は人それぞれに違うと思いますが、大切な事は

スポンサーリンク

無添加の石鹸を選ぶようにしましょう。

無添加の石鹸てどういうものなのでしょうか?

あなたの自宅にある石鹸を見てください。

いろんな表示があると思います。

私がいう完全無添加石鹸とは

合成界面活不使用・化学合成の防腐剤(パラベン等)・酸化防止剤(BHT等)・金属封鎖剤(EDTAエデト酸・エチドロン酸他)・発泡剤・色素(黄色・青色・赤色○号)、香料等の化学合成添加物も一切添加していない石鹸をいいます。

自分自身できちんと石鹸の裏側を見て何が配合されているのかがわかるようにならないといけません。

スポンサーリンク

固形石鹸の選び方

石鹸素地が主成分になっているものを選びましょう。

成分表示を確認して、「石鹸素地」「脂肪酸ナトリウム」「脂肪酸カリウム」が主成分になっているものは比較的安全です。

合成界面活性剤が無添加のもの

合成界面活性剤は、強い洗浄力を持ち、肌が本来持っている潤いまで落としてしまいます。

多くのボディソープに、合成界面活性剤が含まれています。
固形石鹸であっても、この合成界面活性剤が含まれているものがあるのです。

成分表をよく確認して選びましょう。

スポンサーリンク

化粧品によく使われる陰イオン性界面活性剤

  • 高級脂肪酸石鹸
  • 高級アルコール硫酸エステル塩(AS)
  • アルキルエーテル硫酸エステル塩(AES)
  • N-アシルグルタミン酸塩
  • リン酸エステル塩

高級脂肪酸石鹸

陰イオン性界面活性剤の代表格。
石鹸以外の界面活性剤(合成界面活性剤)と比べて生分解が格段に<br>早いので環境への負荷が低く、PRTR法による監視も必要なしとされている。
ステアリン酸やオレイン酸などの高級脂肪酸と強アルカリが反応して<br>できたもので、アルカリに水酸化ナトリウムを使うとナトリウム石鹸(固形)が、<br>水酸化カリウムを使うとカリウム石鹸(液体)ができる。
洗浄剤としてのほか、乳化剤・乳化助剤としても使われる。

スポンサーリンク

高級アルコール硫酸エステル塩(AS)

1928年に開発された合成界面活性剤で、<br>世界初の家庭用合成洗剤の原料になる。
天然の動植物油脂から作られた高級アルコールに濃硫酸を作用させて作られる。

低温でよく溶け、泡立ちがよいのでハミガキやシャンプーによく使われる。PRTR法による第一種指定化学物質

アルキルエーテル硫酸エステル塩(AES)

石油系界面活性剤のひとつで、ASに比べて皮膚や粘膜への刺激が少ないとされる。シャンプーやボディソープに利用され、特にシャンプーにはAS以上によく使われている。
アルキル基(親油基)が長いものは乳化剤として、アルキル基が短いものは低温でもよく水に溶けて泡立ちがよいのでシャンプーのース素材やハミガキの発泡剤として利用される。PRTR法による第一種指定化学物質。

N-アシルグルタミン酸塩

グルタミン酸と脂肪酸が結合したアシルグルタミン酸を塩基(アルカリ)で中和したもの。pH5.4~7程度で皮膚や粘膜に対して刺激が少なく、「アミノ酸系」洗浄料として、シャンプーや洗顔料、ボディソープなどに幅広く使われている。pHを下げ、刺激を少なくする目的で、高級脂肪酸石鹸に混ぜるという使い方もされている。

リン酸エステル塩

洗顔料やシャンプーなどによく使われる界面活性剤。高級アルコールや、そのポリオキシエチレン誘導体にリン酸基(H2PO4-)を付け加えて作りる。
リン酸エステル塩にはモノエステル、ジエステル、トリエステルの3種類がありますが、一番水に溶けやすいのはモノエステルで、化粧品に配合されるのも多くはこれ。

スポンサーリンク

年齢肌におすすめの洗顔せっけん

VCOマイルドソープ

  • 最高品質のインドネシア産ヴァージンココナッツオイルを使用
  • 気泡力に特に優れた“ラウリン酸”が約50%含まれているので、泡立ちも違います!
  • 全額返金制度あり。
  • 初回半額 1,423円(税込み)

VCOマイルドソープ

安心の成分

  • 石鹸素地(植物油)
  • ヤシ油(ヴァージンココナッツオイル)
  • ステアリン酸
  • ヒアルロン酸Na
  • 水酸化

二十年ほいっぷ

二十年ほいっぷ

  • たった1回の洗顔で”実感”できる
  • くすみを解消する事で肌を輝かせる
  • “汚れ落とし”と”潤い”両立する洗顔石けん
  • 石けん職人が20年かけて世に送り出す「直火釜練り製法」を採用
  • 1,886円(税別)

20年ホイップ

成分一覧

  • グリセリン
  • ローズ水
  • プラセンタエキス
  • シラカバ樹液
  • フランスカイガンショウ樹皮エキス
  • ヒトオリゴペプチド-1
  • セイヨウキズタエキス
  • セイヨウナツユキソウ花エキス
  • クレマティスエキス
  • スギナエキス
  • ユビキノン
  • リン酸アスコルビルMg
  • タウリン
  • リシンHCl

ウド石鹸

  • ウドの洗浄力で毛穴の奥まで洗い落とす
  • バリア機能でメラニンを寄せつけない
  • 天然植物成分でしっとり保湿
  • ウドエキスの特許取得
  • 2,000円(税別)

ウド石鹸

成分一覧

  • 石鹸素地(AV100)
  • スクロース
  • グリセリン
  • エタノール
  • セリシン
  • ダイズエキス
  • カンゾウ根エキス
  • マグワ根皮エキス
  • ワレモコウエキス
  • キイチゴエキス
  • 加水分解コラーゲン(加水分解ダイズタンパク)
  • ウドエキス
  • フィチン酸

イデアアクト「クレイ洗顔石けん」

  • 電解水を使用し泥(クレイ)を配合した洗顔石鹸。
  • 毛穴の奥に潜む微細な汚れまで肌表面に浮き上がらせ、その汚れをあますことなくからめとっていきます。
  • スクワラン配合。
  • 3か月使えて3,200円

魔法のクレイで毛穴の汚れをごっそり!肌色トーンアップ!

成分一覧

  • カリ含有石鹸素地
  • スクワラン
  • グリセリン
  • タナクラクレイ
  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
  • ヨクイニンエキス
  • BG
  • ラウロイルグルタミン酸
  • Na

肌に合う石けんを見つけて、美しい肌を手に入れましょう!!

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

無添加でおすすめの固形石鹸はありますか?
この記事をお届けした
年齢肌でも安心して使える洗顔石けん完全ガイドの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!