純石けんでメイクは落ちるのでしょうか?

あなたのいまのメイク 石鹸で落ちると思いますか?

ダブル洗顔をなさってる方は、絶対落ちないと言われると思います。

しかし

石けん一般に汚れ落としの洗浄剤を指し、より化学的には高級脂肪酸の塩の総称である。 工業的に動植物の油脂から製造され、特に純石けんと呼ぶ場合は、脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムだけで、添加物を含まない石けんを指すが、多くは炭酸塩や香料などの添加物を含む。 界面活性剤であり、油や油を含む汚れを水に分散させる作用により洗浄能力を持つ。    Wikipediaより引用

ということは、

メイク等の油汚れは石けんでおとせますし、汗やほこりはお水やお湯ですすげばとれるんです。

信じられないような本当の話です。

ではなぜこのようなことを私たちは信じられないようになっているのでしょうか?

育った家庭でどのような石鹸や洗剤を使っていたかによると思います。

私が育った家は、台所洗剤はいまはごく一般の普通にあるファミリーなどです。

私が生まれた昭和30年代は、

台所洗剤が「ワンダフルK」と言って丸い筒状の入れ物のような感じでした。

相当前の記憶なのでうろ覚えですが・・・。

母がよく汚れが落ちると言っていました。

しかし、よく汚れが落ちるのも合成界面活性剤が入っているからなのです。

小さいころからこういうような合成界面活性剤が入っている台所用洗剤や洗濯用の洗剤を使っている家庭で育ってきました。

といっても、これは普通の家庭でした。

母は、どのような化粧品を使っていたのかというと、その当時はPOLAやメナードは訪問販売の化粧品でした。

母はポーラの化粧品を使っていました。

ポーラはすごくきれいになると評判になっていた頃の話です。

しかしながらいつも口にしていたのが、

「〇〇さんは(POLAの訪問販売の人の名前)、POLA使っているのに全然綺麗にならんよねー。」と言うことです。

今は私も、このような洗顔石けんや敏感肌のブログを書いてますので内容成分などしっかり調べています。

今はネットでいろんな情報がすぐ手に入りますが、昭和30年代などと言うのはなかなか情報が入らないっていうのもあったと思います。

家庭に電話がある家庭は珍しくしいくらいでした。勿論TVもです。

その頃は街頭にTVが設置してあったという話を聞いています。

私はこういうような環境で育ったために、母が言っていた「油は、油でないと取れない。」

つまりファンデーションを塗ったら、クレンジングを使って油を浮かさないとダメだ。その後に洗顔料で洗顔をする。

と言うことが正しい洗顔の方法だと頑なに信じていました。

高校を卒業した時も資生堂の美容部員さんが、洗顔やメイクの方法を教えに高校に見えますが、その時もクレンジングして洗顔料を使うという風に聞いたのも覚えています。

今になって思えば、商品が売れるようにということがわかるのですがその当時は、母が言ってたこともあり私はずっとダブルクレンジングを続けてきていました。

純石鹸は合成界面活性剤が入っていなくて、洗顔もできるという事が分かり、できるだけ肌に不必要なものは使いたくないと思いました。それで、スキンケアやファンデーションも肌に負担のかからないものを使いたいと思い、オーガニックのものなども探してきました。

石鹸でメイク落としできるかということですが、それは可能です。

しかし、油性が強いファンデーションなどを使われてる人は、 1度ではなかなか落としにくいと思います。

それでは、きちんと落とすために石鹸洗顔を2二度三度と繰り返すと、今度は肌の保湿成分も洗い流してしまうことがあります。

ウォータープルーフのアイメイクなどをされている場合は、炭水化物素材であるスクワランがよく馴染むそうですのでスクワランでウォーターブループルーフのアイメイクを落とし、その後洗顔石鹸を使われると良いでしょう。

ウォータープルーフ以外のアイメイクや、油性が強いファンデーションなどの場合は、オイルでメイクを浮かせてティッシュオフしそのご石鹸で洗顔します。このようにすればメイクの汚れもしっかり落とせます。

いろいろ調べて、サッポーのクレンジングなら大丈夫なのではないかと思いました。

洗浄剤不使用のクレンジングクリーム サッポー洗顔キャンペーンで体験!

バナー原稿imp

【スポンサーリンク】