敏感肌にうれしい乾燥しない洗顔料3選

乾燥対策の石けん・洗顔料

乾燥しない洗顔料を使って、正しく洗顔すれば、敏感肌は改善されていきます。

 

敏感肌の人って洗顔の方法が間違っていたり、肌に合っていない洗顔料を使っていることが多いのです。

これではいくら高い洗顔料を使っても、使い方が違っていたら効果を期待できないですし、肌に合っていない洗顔料なら、何のための洗顔なんだろうと思いませんか?

 

敏感肌の人も安心して使える乾燥しない洗顔料の選び方や口コミで人気の洗顔料についてまとめています。

 

スポンサーリンク

洗顔のあと、肌が乾燥する3つの原因

洗顔後に肌がつっぱるのは当然のことですが、20分経過しても肌のつっぱり感がなくならない場合は、もしかしたらこんなことしていませんか?

  • クレンジングや洗顔に時間をかけ過ぎている
  • お湯で洗顔している
  • すすぎ残しがある

クレンジングや洗顔に時間をかけ過ぎている

メイク汚れや皮脂汚れなど、きちんと落とされていないと混ざり合って毛穴に入り、詰まったり酸化したりして肌荒れの原因となります。

 

となると、「きちんと落とさなくっちゃ。」となり、力が入ってしまいます。

洗顔の時に力が入ると、摩擦が生まれ肌のバリヤ機能に大切な皮脂を洗い流してしまい余計に肌が乾燥してしまいます。

洗顔料の泡をしっかり泡立てて、泡をクッションにして摩擦を少なくするように洗顔しましょう。

 

すすぎはきちんとしないと、ニキビの原因となりますので、しっかりするようにしてください。

 

お湯で洗顔している

体温より高いお湯で洗顔すると、肌に必要な皮脂まで流してしまいます。すると乾燥を感じるようになります。

洗顔する場合は、体温より低いぬるま湯で洗うようにしましょう。

洗面器の中に、ぬるま湯を張りを入れてみてちょっと冷たいかなを感じるくらいの温度が適温です。

 

すすぎ残しがある。

洗顔料のすすぎ残しがあると、ニキビや肌荒れの原因となります。

髪の毛の生え際やフェイスライン、小鼻周辺は洗浄成分が残りやすいために丁寧なすすぎが必要です。

 

敏感肌向け洗顔料の選び方 3つのポイント

1.石けんを選ぶ

条件の第一は石けんを選びましょう。

敏感肌や乾燥肌の人には石けんはツッパリ感があるかもしれませんが、石けんは水ですすぐと洗浄力をなくしてしまうために、肌に残って悪さをすることがありません。

薬局で上で売られている洗顔フォームは、洗顔後にツッパリ感がないものの、合成界面活性剤が肌に残るために、使い続けると乾燥や肌荒れの原因になります。

 

2.成分がごちゃごちゃしていない事

洗顔料は、肌の汚れを落とすことが目的ですので、しっかり洗い流さないといけない物です。

いろいろな成分を洗顔料に配合しても、効果はなく、かえって余計に配合されている成分が肌への刺激になりかねません。

石けんは肌の汚れをおとすものですから、成分がシンプルで、品質が高い石けんを選ぶようにしましょう。

 

3.肌への刺激が少ないこと

肌への刺激が少ない洗顔せっけんを選ぶことが、敏感肌の洗顔料選びで最も大切な点です。

敏感肌の方は、自分がどんな成分が刺激を感じるかご存知の方も多いと思います。刺激のもとになる成分が入っていないかチェックしましょう。

香料や着色料などが使われている洗顔料は避けるようにしましょう。

 

4.保湿成分が配合されていても意味がない。

洗顔料にいくら保湿成分を配合しても、結局は洗い流してしまいますので、意味がありません。

 

しかし、「洗った後にしっとり」「洗顔後肌がつっぱらない」などと敏感肌や乾燥肌にとってもとっても魅力的です。

 

でも、このように肌がつっぱらない洗顔を作るためには合成界面活性剤が必要となります。

合成界面活性剤が使われている洗顔料で洗顔すると、合成界面活性剤が肌に残り、すすいでも取れません。肌にぴったりくっついた界面活性剤が水分をとらえて、洗い上がりがしっとりとしていて、ツッパリ感が全く感じられないのです。

 

敏感肌や乾燥肌の人が使い続けると、肌がだんだん薄くなって風が当たっただけでピリピリ感じるという事になるのです。

 

自分の肌を守るためにも、洗顔料は洗顔せっけんを選ぶようにしましょう。

 

 

敏感・乾燥肌におすすめの洗顔せっけん

敏感肌でも乾燥肌でも肌の調子が悪い時でも安心して使えるシンプルな洗顔せっけんを集めました。

毎日使い続けるものですから、肌に優しく気持ちよく使える洗顔料を用意しましょう。

 

サッポーピュアマイルドソープ

 

 

  • 遊離アルカリゼロを実現。
  • つっぱらない、肌に優しいEXソープ
  • 原料から刺激のある2種類の脂肪酸を排除
  • とにかくお肌に優しい洗顔石けん!

肌に刺激になるものを取り除いた「肌に究極にやさしい洗顔せっけん」です。

 

肌が乾燥しているな~~と感じた時に使っても、とっても柔らかい泡で顔を包んでくれ、洗い上がりはさらさらしっとりしています。肌への刺激を感じたことは一度もありません。

 

肌に優しい洗顔せっけんで、バリヤ機能が低下している肌でも安心して毎日の洗顔に使える石けんです。3個セットで1200円なので、1個当たり400円です。

 

400円というと市販の洗顔料と変わらない価格です。1個で1か月は使用できますので、この品質ならコスパはとっても優れています。

 

このサイトを運営するにあたりいろいろな洗顔せっけんを使っているのですが、このサッポーの洗顔せっけんは肌がつっぱらない石けんです。やさしく肌を守ってくれる手放せない洗顔せっけんです。

 

 

洗顔石鹸キャンペーンを実施中です。

洗顔で悩みぬいた人が使っているサッポー洗顔 キャンペーン

乾燥肌で悩んでいる人はスキンケアモニターに申し込んでみてはいかがですか?

取らない角質ケアで肌は育つ 1ヶ月間のサッポースキンケアモニター募集中

 

VOCマイルドソープ

85g 初回限定 1,423円(税抜き)

良質で貴重なヴァージンココナッツオイルを使用

母乳と同じ成分で作られた「落とす」と「守る」を追及した洗顔石鹸です。

泡がもちもちしているのに、突っ張り感がないと評判のココナツオイル洗顔です。

ヒアルロン酸の効果で洗ったあとは、さっぱり&しっとり。
アトピー肌や乾燥肌の方も使える石けんです。

 

石鹸素地(植物由来)・・・他の成分を配合する前の、丸裸の状態のような石鹸のこと
ヤシ油・・・・パーム油とも呼ばれる、ココナッツから採れるオイルのこと。
ステアリン酸・・・乳化剤(水と油を混ざりやすくするための成分)泡立ちもよくなります。
ヒアルロン酸Na・・・・体の中から作り出せる成分で、保湿力に優れています。
水酸化K・・・・石鹸を作るときに必ず必要となる成分のうちの一つ。

 

VCOマイルドソープ

敏感肌でも乾燥しないプチプラの洗顔せっけん

コラージュ D乾性肌用石鹸

皮膚科で進められる人も多くアトピーの方も使える洗顔せっけんです。
 
お風呂に置いておくと溶けてしまいますので、注意が必要です。

敏感肌にうれしい乾燥しないおススメの洗顔料まとめ

敏感肌でも乾燥しない洗顔料を選んでみました。

洗顔せっけんは、肌がつっぱるというイメージがあったのですが、今日紹介した洗顔せっけんは、洗顔後に肌がつっぱることもありません。

 

洗顔せっけんは毎日使うものですから、肌に安全な成分で構成されているものを選ぶようにしましょう。箱や包装材を見てきちんと成分を確認するようにしましょう。

成分の数が少ないもの、合成と掛かれていないことを確認して洗顔せっけんを選ぶようにしましょう。

お試し用のサイズが小さいものや、初回半額などがありますので、そのような石けんを使い自分の肌に合う洗顔せっけんを探すようにしましょう。