洗顔料でお肌に差がでます。

当たり前のように毎日使っている洗顔ですが、洗顔はスキンケアの基本です。

洗顔は直接指がお肌に触れてたりしますので、肌への負担が大きいのです。

もしあなたが間違った洗顔料を選んでいたなら、もしあなたの洗顔の方法が間違っていたなら肌トラブルの原因となります。

洗顔のやり方次第で、化粧水や美容液の浸透も違ってきます

正しい洗顔の方法をお話します。

スポンサーリンク

メイク落とさないまま寝ていませんか?

仕事をしていた頃、あまりに疲れてしまってメイクを落とさないまま寝てしまったことが、よくあります。

それも、50歳を過ぎてからもそんなことをしていたのです。

メイクをしたまま寝ると2日間お手入れしたものがまったく無駄になると言われいたので、必ずメイクは落として寝るようにしていたのです。

でも、わかっていても寝るのが先・・・。

こんなようなことが、お肌に影響を及ぼしているのです。

正しい洗顔の方法で、美しい肌を手に入れてみませんか?

スポンサーリンク

最低守る洗顔のポイント

  • メイクは必ず、クレンジングと洗顔で落とす。
  • 朝洗顔は水だけはダメです。

メイクは必ず、クレンジングで落とす。

クレンジングの役割は、油汚れ(ファンデーションなど)を落とすものです。

ミネラルファンデーションやおしろいだけ利用なさっているならば、クレンジングは必要ありません。

しかし、一般的なファンデーションを使っているのならばクレンジングで油を落とす(メイク落とす)ことが必要です。

最近のファンデーションは粒子が細かくまたお肌へのフット感が非常に優れていますので、クレンジングでしっかり落とすことが必要です。

きちんと落とすことが出来なかったら、古い油はお肌の上で酸化して、老化の原因になります。

クレンジングはケチらず、たっぷり使いましょう。ゴシゴシとするのでなく、リンパの流れに沿って優しく、くるくるとマッサージするようにします。

テイッシュで拭き取るのはやめましょう。テッシュとお肌がこすれるのでお肌を傷つけます。

クレンジングでメイクが浮いたらぬるま湯で洗い流すようにしましょう。

オイルクレンジングは、いけません。お肌にダメージを与えます。

ファンデやメイクがオイルクレンジングでしか落とせないという人は、ミネラルオイル 流動パラフィン 500ml ポンプボトルで、クレンジングを薄めて使うようにしてください。

化粧品製造用のミネラルオイル。 
サラッとした感触。そのまま、マッサージオイルとしてしようできます。 

スポンサーリンク

肌に優しいクレンジング

サッポークレンジングクリーム(メイク浮かし)

  • メイク落としではなく、メイク浮かしです。 
  • 肌にのばすと体温と調和し、クリームが液化。
  • なめらかな指すべリで、メイクや汚れをしっかり浮き上がらせます。 
  • 12種類ものオイルとヒアルロン酸を初めとした保湿成分を配合。
  • 水溶性・油溶性の汚れにすばやく優しくなじませていくことを可能にした、とても贅沢なクレンジングクリームです。
  • 優しさを追求したサッポーのこだわりの一品です。 

サッポースキンケアモニター(基礎化粧品ハーフセット)に、クレンジングが入っています。

メイクを浮かすだけなのに、きちんとメイクが落ちるのです。とってもお肌に優しいメイク浮かしです。

クレンジングクリームを探していた方は、一度使ってみてください。

乾燥肌です。洗顔石けんのおすすめを教えて下さい。
年齢肌で乾燥肌の方も多いと思います。 乾燥肌の方たちは、洗顔の時に注意が必要です。 と言うのも、肌が乾燥する主な原因が洗顔にあります。 ...

クレンジングの後は洗顔料で洗います。

乾燥肌の人や乾燥を気にしている方は、洗顔料を使わずにクレンジングの1回のみで終わらせたいと思っている方もいらしゃるようです。

ところが、クレンジングの1回のみで終わらせようとすると、過剰にお肌をこするなど、肌トラブルに繋がることもありますので気をつけましょう。

クレンジングだけでは、汚れがお肌に残っていることがあります。

クレンジングはファンデーションやメイクなどの油汚れを肌から浮かすもので、洗顔料は肌の皮脂や汚れを洗い流すものです。

必ず、ダブル洗顔をするようにしましょう。

洗顔料の選び方

洗顔料にもいろいろなタイプがありますが、

  1. 石けんタイプ(純石けん)
  2. 合成界面活性剤タイプ

の2つのタイプにわけられます。

わかりやすく言うと、合成界面活性剤が含まれているか、いないかの違いです。

石けんは、脂肪酸カリウムや脂肪酸ナトリウムという天然成分で作られていますので、肌に優しく、肌に不要なものだけを洗い流すのです。

合成界面活性剤が含まれている洗顔料は、洗浄力が強力なので肌が荒れてしまう原因となります。

肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうということになります。その上に合成界面活性剤は、お湯では分解されないために肌に洗浄力が残ることがあります

残った洗浄分が刺激と感じることもあります。

自分に合う洗顔料を見つけることが大切です。

敏感肌や乾燥肌の方には、サッポーの美肌塾の洗顔石鹸がおすすめです。

乾燥肌です。洗顔石けんのおすすめを教えて下さい。
年齢肌で乾燥肌の方も多いと思います。 乾燥肌の方たちは、洗顔の時に注意が必要です。 と言うのも、肌が乾燥する主な原因が洗顔にあります。 ...

乾燥肌に効果的な石けんのランキングを教えて!
お肌が乾燥すると言う悩みを持ってる方が多いようですが、これからの季節は特に乾燥が気になります。 乾燥肌の対策としては、保湿成分であるセラミ...

正しい洗顔の方法

洗顔の時に注意すること

  • 必要以上に洗顔しない。
  • 洗顔料をよく泡立てる。
  • ぬるま湯を使うこと。
  • 力を入れない。

たったこれだけ注意するだけで、お肌の状態は変わってきます。

美肌になる洗顔の仕方
朝起きたら顔を洗う。 これって当たり前のことで生活習慣になっていますよね? あなたの洗顔の仕方も習慣になっていませんか? もしかしたら...

に書いていますので、参考にしてください。

美容成分が配合している洗顔石けんが肌にいいのですか?

洗顔石けんに美容成分が色々と配合されています。

私はいつも思っているのですが、美容成分を配合していても洗い流してしまいませんか?

お肌のためには、効果があるのでしょうか?と思っているのですが、そんなに思ったことは有りませんか?

ドクターに言わせると、すすぎの時に流れでてしまうので、美容成分はあまり意味が無いということでした。

お肌に優しい洗顔料

VCOマイルドソープ

  • 定期便¥1,423(税抜き)
  • 汚れを落とすが肌に必要な皮脂は残してうるおいキープ。
  • 無添加・無香料
  • VCO(ココナッツオイル)をヒアルロン酸。
  • 15日間返金保証付き

 VCOマイルドソープ公式HPはこちらから

[ヒフミド] ソープa

  

  • 【洗浄成分】ヤシ油、パーム油、パーム核油を原料とした、100%植物性の石けん素地。
  • 【バリア機能成分】天然型セラミド1、2、3
  • 【保湿成分】加水分解ローヤルゼリータンパク、グリセリン、スクワラン、セルロースガム、ダイズステロールなど

ヒフミドには洗顔石鹸が入ったトライアルセットがあります。

小林製薬ヒフミドトライアルセット!送料無料

年齢を重ねてくるとお肌の乾燥に悩む女性はあなたの周りにも何人かいらっしゃると思います。 お肌の乾燥は、私たちの肌の天然保湿成分であるセラミドの減少が原因です。 セラミドが不足するとどうなるの? 年齢を重ねると生まれながらにして肌が持っている天然保湿成分(セラミド)も減少していきます。このセラミドは、お肌のバリア機能です...

サッポー ピュアマイルドEXソープ 

とにかくお肌に優しい洗顔石けん!

40g3個入り 1,290円(税込み)

  • 遊離アルカリ(刺激物質)完全除去を実現!
  • きめ細やかな泡で、汚れをすっきり洗い流す。肌に優しくピュアな洗顔石けんです。
  • 原料から刺激のある2種類の脂肪酸を排除

洗顔石鹸キャンペーンを実施中です。

洗顔で悩みぬいた人が使っているサッポー洗顔 キャンペーン

乾燥肌で悩んでいる人はスキンケアモニターに申し込んでみてはいかがですか?

取らない角質ケアで肌は育つ 1ヶ月間のサッポースキンケアモニター募集中

あきゅらいず 泡石 

  • トライアルセット 1,380円
  • 保湿力がすごすぎる。
  • 10種類のハーブエキス配合
  • 顔に直接塗ってクレンジング効果
  • 簡単3ステップ

あきゅらいずトライアルセット

トライアルセットの感想は

あきゅらいず トライアルセット ためしてみたら感激しました。
あきゅらいずにした理由。 1.代表の方の肌がキレイだったから 私は、オーガニックの化粧品のことでちょっと調べ物していました。 すると、...

に書いていますので、も参考にしてください。

まとめ

正しい洗顔の方法と洗顔料の選び方が大きなポイントです。

肌を美しく保つためには、自分の肌質に合った洗顔料を自分の肌の状態に合わせて洗顔の方法を変えていくというのが正しい洗顔の方法です。

2年後3年後の肌のために、今きちんト洗顔料を選びなおしては見ませんか?

VCOマイルドソープ公式HPはこちらから

取らない角質ケアで肌は育つ 1ヶ月間のサッポースキンケアモニター募集中

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする