石けん洗顔で乾燥します。石けんの選び方が間違ってるのでしょうか?

string(14) "attribute >>>>" array(0) { }

洗顔せっけんを使って肌が乾燥するというのは、洗顔せっけんの選び方を間違っているのかもしれません。

石けんは数ある洗顔料の中でも、お肌にいちばんやさしい洗顔料です。

正しい選び方であなたのお肌にぴったり合う石けんを見つけて輝く美しい肌を手に入れましょう。

まず、石けんが肌にやさしいわけからお話しします。

スポンサーリンク

石けんは、肌にやさしい洗顔です。

洗顔料は、「洗顔フォ―ム」と「洗顔石けん」に大きく分けられます。

洗顔石けんは、肌に良くないって本当ですか?
今使っている洗顔石けんで本当にいいのだろうか?と不安になったことはありませんか? 不安を感じながら毎日使うのは心配です。 今日はお肌にい...

でもお話ししているのですが、

「洗顔フォーム」には、”合成界面活性剤”が含まれているので、肌に必要な皮脂などが強力な洗浄力で落とされてしまうので、

肌への影響が著しいのです。注:洗顔フォームにすべて”合成界面活性剤”が配合されているわけではありません。

ところが「石けん」は、”天然成分”が、洗浄力として使われるので、肌に必要な皮脂などを洗い落とすことがありません。

このことから肌にやさしいといわれています。

ところが、弱アルカリ性でない石鹸も存在してます。

本来なら、合成界面活性剤が入っていないのが石けんですが、合成界面活性剤が配合されている石鹸があります。

石けんには石けん素地だけでできている純石けんもありますが、いろいろな添加物が含まれているのも様々あります。

ほとんど人体に問題がない添加物もありますが、エデト酸塩(金属封鎖剤)や

ジブチルヒドロキシトルエン(変質防止剤)のように人体に影響があるような添加物がふくまれているものたくさんあります。

特にエデト酸塩は、よく目にしますので、石鹸を購入するときはきちんと確認するようにしましょう。

下の写真も我が家にあった石けんです。

エデト酸塩ときちんと書いてあります。このような人体に影響のある添加物がふくまれている石けんは

石けんといえないと考えています。

石油系合成界面活性剤を載せていますので、店頭で石けんやスキンケアを選ぶ時の参考にしてください。

石油系界面活性剤一覧

  • スルホン酸ナトリウム
  • キシレンスルホル酸アンモニウム
  • バレス-3硫酸ナトリウム
  • バレス-3酸アンモニウム
  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸アンモニウム
  • ラウレス硫酸アンモニウム

洗顔フォームでも、上記の成分が配合されていないものを選ぶといいですね。

家で使っている洗顔フォームで合成界面活性剤が配合されているものと、いない物を見つけました。

合成界面活性剤が配合されていたもの

息子のために購入した洗顔料です。

合成界面活性剤が配合されていないもの

私用にネットで購入した洗顔フォームです。

石油系合成界面活性剤は長年使うと肌のバリヤ機能を壊してしまいます。

自分や家族の大切な肌を守るのは自分しかいません、しっかり注意しましょうね。

【スポンサーリンク】

なぜ石けんを使って洗顔しているのに、乾燥してくるのでしょうか?

それは、石けんの成分によって違って来ます。

配合されている成分で、乾燥する石けんと乾燥しない石けんとあります。

いったいどんな石けんが乾燥するのでしょうか?

石けんにも、肌を乾燥させやすいものと乾燥させにくいものがあります。

純石けん・・・・・下の写真のように純石けん(98%脂肪酸ナトリウム)と表示してあります。

これは、単純に”石けんの素材”だけで作られているのです。

純石けんは、脂肪酸ナトリウム・脂肪酸カリウムが98%以上のもの。と決められています。

この肪酸ナトリウム・脂肪酸カリウムが98%以上のもので洗顔すると、「ツッパリ」を感じます。

それは石けん成分がアルカリ性であるために肌がつぱってきます。

なぜ、石けんを使って肌が突っ張るかというと、

私たちの皮膚は弱酸性です。石けんは、さっきもお話ししたように弱アルカリ性です。

肌がアルカリ性に傾くと突っ張るのですが、肌本来の力で自然とまた弱酸性に戻っていきます。

「洗顔で皮脂が洗い流されます。」すると肌は洗い流された分を補おうと一生懸命皮脂を出します。

このようにして肌が持っている機能が働いているのです。

ですから、洗顔の時にツッパリというのは全然はおかしいことではないのです。

温泉なども弱アルカリと書かれているところが多いのですが、温泉に入ると肌がつるつるになるのは

角質がアルカリ性で溶けているからなのです。

問題なのは、

洗顔の後、1時間以上もツッパリ感が続く場合は洗顔の仕方や洗顔料の選び方を工夫する必要があります。

乾燥しにくい石けんとは?

石けんは肌にやさしいとお話ししてきましたが、乾燥しにくい石鹸は、

「石けん素地(純石けん分)+天然の洗浄成分+保湿成分」

を配合している石鹸なら、洗顔後でもつっぱり感を感じません。

乾燥を感じない石鹸は、石けん素地で作っているのにその中に肌に潤いを与える成分保湿成分が配合している石鹸を選ぶと

いいのです。

純石けんはとても安心感があるけれど、洗顔中にピリピリ感じたり肌トラブルを抱えている人は、は保湿成分が配合されている石鹸を選んでみましょう。

家に置いている洗顔料の中から保湿成分も配合されているものを探してみました。

下の写真でもわかるように成分表示の部分に「石けん素地」や「カリ石けん素地」と記入してあります。

上の写真では、「カリ石けん素地」”グリセリン”や”はちみつ”など書いてありますが、潤い成分が配合されています。

又、下の写真は純石けんでありながら、潤い成分がセラミド3、ヤシ油、グリセリン、コネヌカ油など潤い成分がたくさん配合されています。

また、エイジング成分としてプラセンタやアスタキサンチンも配合されているのに改めて、驚いています。

そういえば、この石けんで洗顔しても、全くツッパリ感も乾燥なども感じたことはありません。

このような石けんを選ぶと石けんで洗顔しても、乾燥しないという事になります。

肌が乾燥しないお勧めの洗顔石けん

VCOマイルドソープ

定期便¥1,423(税抜き)

・汚れを落とすが肌に必要な皮脂は残してうるおいキープ。

・無添加・無香料

・VCO(ココナッツオイル)をヒアルロン酸。

・15日間返金保証付き

 VCOマイルドソープ公式HPはこちらから

[ヒフミド] ソープ

  80g 3,240円(税込み)

  定期便 2,851円(税込み)12%OFF

  100%植物性の石けん素地。

 【バリア機能成分】天然型セラミド2

  定期コースは3回以上の継続が必要

ヒフミドには洗顔石鹸が入ったトライアルセットがあります。

小林製薬ヒフミドトライアルセット!送料無料

年齢を重ねてくるとお肌の乾燥に悩む女性はあなたの周りにも何人かいらっしゃると思います。 お肌の乾燥は、私たちの肌の天然保湿成分であるセラミドの減少が原因です。 セラミドが不足するとどうなるの? 年齢を重ねると生まれながらにして肌が持っている天然保湿成分(セラミド)も減少していきます。このセラミドは、お肌のバリア機能で...

に使った感想を書いていますので参考にしてください。

あきゅらいず 泡石 

トライアルセット 1,380円

保湿力がすごすぎる。

10種類のハーブエキス配合

顔に直接塗ってクレンジング効果

簡単3ステップ

公式HPはこちらから

トライアルセットの感想は

あきゅらいず トライアルセット ためしてみたら感激しました。
あきゅらいずにした理由。 1.代表の方の肌がキレイだったから 私は、オーガニックの化粧品のことでちょっと調べ物していました。 すると、...

に書いていますので、も参考にしてください。

サッポ―洗顔石けん ピュアマイルドEXソープ

遊離アルカリゼロを実現。つっぱらない、肌に優しいEXソープ

全成分表示

石ケン素地・水・パーム脂肪酸・パーム核脂肪酸・グリセリン・トコフェロール・EDTA-4Na・エチドロン酸4Na・塩化Na

これは、サッポーの基本理念でもある「肌が育つスキンケア」を提案するという考えに基づき、
肌本来が持つ再生能力を妨げずに「育てる」ということを大切にして商品開発をしているからです。

もともとお肌はしぜんと肌を守ることが出来るように作られているのですが、洗顔料選ぶときに間違えたりするために、大切な角質層を傷つけているのです。サッポーの洗顔は角質層が一切傷がつかずに汚れだけを落とす洗顔石鹸なのです。

洗顔せっけんが入ったスキンケアモニター募集中です。

取らない角質ケアで肌は育つ 1ヶ月間のサッポースキンケアモニター募集中

まとめ

洗顔石けんで乾燥する方は、石けんに保湿成分が配合されている石けんを選ぶようにしましょう。

特に敏感肌の方や乾燥肌の方は、石鹸を選ぶときに注意が必要です。

さっき紹介した赤のとち姫やサッポ―洗顔石けんは、純石けんを使っているのに肌の保湿成分がたっぷり配合されています。

洗顔石けん選びで悩んでいる方や度の洗顔せっけんを選んでいいかわからない方は使ってみてください。

特に赤のとち姫はお試しサイズがありませんが、返金保証がついているので安心して試すことができます。